外観

 臨 床 工 学 科 

大別して、生命維持管理装置(人工透析装置や人工呼吸器等)の操作を行う 臨床業務とME(医療工学)機器の保守管理、教育・安全管理業務を行っています。  

 業 務 概 要

  1. 人工透析業務
      維持透析患者の受け持ち制を導入し、血液検査解析や生活指導を行い、 根拠に基づいた患者個々に合った適正な透析治療を目指している。
  2. 急性血液浄化(全般)業務
      持続的血液浄化、血液吸着、アフェレシス等に対応する。
  3. 医療機器管理業務
      院内(救急車内含む)医療機器の中央管理・保守管理や院内ラウンドによる医療安全管理業務を行っている。
  4. シャントPTA
    シャントPTAの清潔介助業務を行っている。

 部署別業務の実際

  1. 人工透析センター
    ・人工透析業務全般(臨床、医療器材管理、透析機器保守管理等)
    ・人工透析業務全般(臨床、医療器材管理、透析機器保守管理等)
  2. 病棟
    ・急性血液浄化業務
    ・人工呼吸器業務(呼吸器装着介助、呼吸回路定期交換、ラウンドチェック)
    ・医療機器および周辺設備に対して、医師、看護師等への研修、教育を実施
  3. 臨床工学室
    ・医療用(輸液・シリンジ・経腸栄養用)ポンプ、人工呼吸器を臨床工学室内で
    中央管理し、貸出・返却・保守点検業務の実施
    ・各種医療機器導入、更新時の評価
  4. 血管造影室
    ・透析患者のシャントPTAに対する清潔介助業務
  5. 医療安全対策室
    ・医療機器安全管理委員会とともに、医療機器に関係する医療安全研修会の立案・実施

 今 後 の 展 望

  1. 人工透析業務
    本館・別館と2か所あった透析室を統合し、平成26年3月31日から人工透析センターとして運用開始となる。また、病棟2室へも透析用水を供給することで個室透析にも対応できる体制とした(陰圧室化)。今までは透析装置56台の内20台がオンラインHDF対応であったが、今回のセンター化に伴い透析装置62台とし、内49台をオンラインHDF対応機器として新規導入した。これを機に患者個々に合ったきめ細かな透析医療を進めていく。
  2. 医療安全管理業務
    医療機器関連の保守管理、研修、教育を通じて医療安全対策を更に強化していく。