外観

 リハビリテーション技術科 

 体のあらゆる部位の痛みに対する治療を行う治療部門です。病院を訪れる患者さんの60%以上は、 なんらかの痛みを主訴としています。痛みの治療は、単なる対処法的に捉えがちでありますが、 痛みを正確に診断し治療することは、原疾患の早期治療・治癒にも役立ちます。  


 医 師 紹 介 平成28年4月1日より


医 師 名 職  名  専  門 分 野 所 属 学 会 など
宮本 浩次 診療部リハビリテーション科 整形外科 日本整形外科学会(専門医)
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医

Ⅰ 業務概要

 

  (診療スタッフ)
   理学療法士 7名、作業療法士 2名、言語聴覚士 1名

  (診療時間)
   午前  外来患者(予約制)
   午後  入院患者

  (リハビリテーション施設基準)
   運動器リハビリテーション (Ⅰ)・(Ⅱ)
   脳血管リハビリテーション (Ⅱ)
   呼吸器リハビリテーション (Ⅰ)
 


Ⅱ 実績(平成27年度)

 

   総患者件数: 27,592件(外来:5,623件、入院:21,969件)

   (入院 疾患区分別)
     脳血管疾患:12,439件  運動器疾患:9,296件
     呼吸器疾患:234件    その他(難治性病疾患):5件

   (外来 疾患区分別)
     脳血管疾患:896件    運動器疾患:4,721件
     呼吸器疾患: 6件     物理療法:1,433件
   (スタッフ稼働率)
     平均16.8単位/日
 


Ⅲ 今後の展望

 

 当院では、地域包括ケア病床・一般病床・療養病床を併設しており、当科としても、 急性期・回復期・維持期医療と多岐に携わっております。
 今後は、急性期リハの充実はもちろん、その後の療養での対応、また療養から地域 医療へスムーズに橋渡しし、ニーズにあった在宅医療への支援を目標にサポートして いきます。
 また、障害を持ったままでも、安心して在宅生活が送れるよう、在宅改修の為の訪 問活動もしており、地域の皆様の健康維持・増進のためのリハビリを実践致します。
 その他、市民病院として、市民の皆さまに向けた、健康講座・体操教室・嚥下指導 を含めた生活活動サポートリハ実施しています。